People have always asked:

”Where have we come from? Where are we going?”

The answer to that which truly lies within me is:

We have come from far away and our destination is also far away.

My hope is that through my work the audience remembers “the far away” and has an opportunity to aim for “the far away”. 

 

 

 

人々が常に問いかけてきた、

「私達はどこから来てどこへ行くのか。」

 

その答えとして、

「われらは遠くから来た そして遠くまで行くのだ」

は、私の内に確かに存在している。

 

私の作品を通して、オーディエンスが遠くを思い出し、遠くを目指す契機となりたい。